韓国映画・韓国ドラマ・アジアドラマランキング
『スピードラーニング韓国語』

その他の映画感想

日本インターネット映画大賞(日本映画部門)

日本インターネット映画大賞のしめきりが迫りましたので、投票させていただきます。m(__)m
まずは、日本映画部門でございます。

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「オリヲン座からの招待状」 10点
  「グミ・チョコレート・パイン」 9点
  「転々」  5点
  「ワルボロ」4点
  「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」 2点
  
【コメント】
「オリヲン座からの招待状」が特に印象に残りました。
一つのことにかける情熱、
なんとしても守り続けていきたいという強い気持ち。
心を打つシーンがたくさんある作品でした。(T_T)
特に蚊帳の外から手を差し伸べているシーンが、
いろいろな意味が込められている感じで、
印象に残っています。
「グミ・チョコレート・パイン」は、こういうことあったよなあとか、自分がグループに入っていなくても、こうやって集まっていた連中いたなあとか、誰もが懐かしく思えてくるのではないかと思います。


---------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [三枝健起] (「オリヲン座からの招待状」)
【コメント】
二人の美しさ・距離感、繊細な気持ちを丁寧に撮影されていたと思います。
【主演男優賞】
   [オダギリジョー] (「転々」)
【コメント】
楽しんで演技されている雰囲気がとても良かったです。  
【主演女優賞】
   [宮沢りえ] (「オリヲン座からの招待状」)
【コメント】
「さすが」の一言。大変な状況の中での明るい表情は印象的でした。
【助演男優賞】
   [福士誠治] (「ワルボロ」)
【コメント】
番長としてのカッコよさがいい感じで出ていました。
【助演女優賞】
   [菊地凛子] (「恋するマドリ」)
【コメント】
本人の雰囲気にぴったりの役でとても良かったと思います。
【新人賞】
   [北川景子] (「Dear Friends ディア フレンズ」)
【コメント】
主演2作目なので、新人と言っていいのかどうか、微妙ですが、パフォーマンスが良かったと思うので入れさせていただきました。
【音楽賞】
  「オリヲン座からの招待状」
【コメント】
映画同様に美しい音楽が印象に残りました。
---------------------------------------------------------------

【勝手に○×賞】
   [HERO]   
【コメント】
評価している方には、申し訳ありませんが、ストーリーに深みがありませんでした。
「HERO」に限らず、最近は大ヒットしている作品ほど、深みがないように思います。

---------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
日本インターネット映画大賞 2007年投票(日本映画)
日本インターネット映画大賞 下記のように投票しました。 『 日本映画用投票フォーマット 』 【作品賞】(5本以上10本まで)   「  檸檬のころ    」 8   点   「  包..
ブログ名しぇんて的風来坊ブログ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。