韓国映画・韓国ドラマ・アジアドラマランキング
『スピードラーニング韓国語』

私の好きな韓国映画ランキング

「私の好きな韓国映画ランキングベスト20」(2006年5月26日現在)

順位に少々変動がありましたので、「私の好きな韓国映画ランキングベスト20」を改めて公開させていただきます。m(__)m

人気blogランキングへ

いくつかの国の共同制作で作成された作品もありますが、誠に勝手ながら、今回のランキングは韓国のスターが出演されている作品すべての中でのランキングとさせていただきました。
なお、時間が経過すると共に価値観なども変わることもあると思われるため、あくまでも現時点での私の評価となります。(^_^;)
ランキングは私自身の好みでつけさせていただいておりますが、皆さんに勧められる作品かどうかは別問題のため、今回は「おすすめ度」を「S,A,B,C,D,E」の6段階でつけてみました。Sが最高で、Eが最低です。しかし、ベスト20の中には「おすすめ度」がものすごく低い作品はありません。(^_^;)

第1位 「デイジー」(おすすめ度S)
「猟奇的な彼女」や「僕の彼女を紹介します」も私は好きな作品なのですが、正直言って、チョン・ジヒョンさんのファン以外の方に受け入れられるかどうか少し疑問な部分もあったように思います。
しかし、「デイジー」は違いました。(^_^)
それから、チョン・ジヒョンさん、チョン・ウソンさん共にスーパースターなので、軽くみられることのない内容をというのが私の願いでもありました。それがかなった感じがしました。(^_-)-☆

第2位 「僕の彼女を紹介します」(おすすめ度B)
映画の内容そのものは「猟奇的な彼女」も全くひけはとらないと思うのですが、チョン・ジヒョンさんの演技力と魅力が「猟奇的な彼女」のとき以上になっていると私は感じました。アクションなどももちろん女優の中では抜群ですが、なんといっても表情演技がお見事でした。それから、クァク・ジェヨン監督のシナリオもチョン・ジヒョンさんの魅力を最大限に出そうという感じが出ていて、良かったです。(^_-)-☆

第3位 「猟奇的な彼女」(おすすめ度A)
「猟奇的な彼女」が韓国映画にはまったきっかけでした。これは私だけではないでしょう。^_^;観たいと思ったきっかけは当時テレビ朝日で放送されていた「ニュースステーション」という番組にチョン・ジヒョンさんが出演していたのを観たことです。映画の中で好きなシーンはいろいろとありますが、出会って100日目のカノンの演奏とバラを渡すシーンと、後半戦ラストの駅のホームでの別れのシーンが特に好きです。(^_^)

第4位 「私の頭の中の消しゴム」(おすすめ度A)
これまでに観たことのないような新鮮な場面の連続でした。観終わった後は、コーラを飲みたくなったり、バッティングセンターに行きたくなったり、トランプで手品をやってみたくなったりといろいろな症状に襲われました。(^_^;)

第5位 「マラソン」(おすすめ度A)
映画の分野の中でも私が好きなのは「ロマンス」と「アクション」なのですが、「マラソン」を観て一人の人物を徹底的に描く映画もいいなあと思いました。

第6位 「甘い人生」(おすすめ度B)
「これは私の代表作になる」と主演のイ・ビョンホンさんがコメントしたとのことで、これまでの作品も素晴らしいものが多かったと思いますが、この作品にかける意気込みは並大抵ではないなあと映画を観ていて感じました。

第7位 「マルチュク青春通り」(おすすめ度B)
韓国ナンバーワンのモムチャンスター、クォン・サンウさんの魅力炸裂!って感じでした。(^_^)恋愛もありますが、この作品はクォン・サンウさんのアクションが最も魅力的に私は感じました。(^_^)

第8位 「ラブストーリー」(おすすめ度A)
この作品の主人公たちは今どきの若者とは違って、手をつなぐことさえドキドキするような純粋な気持ちで恋をします。そこには「もし自分がこんな初恋をしていたら」という監督の“理想の初恋”が込められているような感じがしました。

第9位 「永遠の片想い」(おすすめ度A)
最後のギョンヒの手紙のシーンは涙が止まりませんでした。イ・ウンジュさんの主演作品で最も好きな作品です。イ・ウンジュさんの次の作品が観られないことが今でも残念でたまりません。

第10位 「タイフーン」(おすすめ度B)
目頭が熱くなったシーンは複数ありますが、シンがお姉さん(イ・ミヨンさん)と再会したシーンと、セジョンの最後の出動の前のナレーションは特にこみ上げてくるものを強く感じました。(>_<)

第11位 「バンジージャンプする」(おすすめ度B)
イ・ビョンホンさんがコメントしていましたが、ありきたりな内容ではなく、よくこんな発想が思いついたなあという感じのストーリーの映画です。ビョンホンさんとウンジュさんの繊細な演技が凄く光っていました。

第12位 「八月のクリスマス」(おすすめ度A)
二人のさわかな恋愛が美しく表現されています。(^_^)vそして、お互い本心をさらけだすことなく、少し「距離感」をおいているところもすごくいい雰囲気に描写されている感じがしました。(^_-)-☆

第13位 「イルマーレ」(おすすめ度B)
こんな話あったらいいなあという、とってもロマンチックな映画です。ストーリーそのものだけでなく、「イルマーレ」という家もロマンチックです。(^_-)-☆

第14位 「力道山」(おすすめ度A)
力道山の私の知らなかった部分をたくさん観させていただきました。今でも、異国の地で成功するというのは大変なことだと思いますが、あの当時は今以上に大変だったと思います。

第15位 「シュリ」(おすすめ度A)
現在、韓流が日本でもかなりの人気になってきましたが、それ以前から日本でも高く評価されていたハン・ソッキュさんと「シュリ」というこの作品に敬意を評したい気持ちでいっぱいです。m(__)m

第16位 「シルミド」(おすすめ度A)
お国の方針変換で祖国統一のための英雄から、まるでゴミくずの扱いへと変わる兵士たち。その姿があまりにも痛々しい感じがしました。鼻息が荒くなるほどの悲しみ、やりきれなさがこみ上げてくる感じがしました。

第17位 「JSA」(おすすめ度A)
この作品のテーマですと、つらい部分ばかりが強調されてしまう感じになりがちですが、この作品は4人の兵士の笑いを交えた友情がすごくいい雰囲気に描かれていました。

第18位 「MUSA」(おすすめ度B)
アジアの俳優さんたちにハリウッドのような映画をやってもらいたいと思っていたのですが、まさにこの作品はハリウッドのようでした。特に一匹狼的な役を演じたチョン・ウソンさんに魅力を感じました。

第19位 「マイ・ブラザー」(おすすめ度B)
いろいろなことがあってお互いがお互いを少しずつ理解していく・・・・・・実際の家族や兄弟にもありうる出来事なども盛り込まれていて、凄く親近感を持って鑑賞することができました。

第20位 「ラスト・プレゼント」(おすすめ度B)
悲しみをこらえ、お互いを思いやりながらも、その気持ちを決して素直に表さない二人。それだからこそ、逆にその愛の大きさと痛みが伝わってくる・・・・・・(>_<)そんな感じの映画でした。

以上が現時点での私のベスト20です。(^_-)-☆
皆さんの好きな作品は何でしょうか?(^_^)
ご意見・感想をいただければ幸いです。m(__)m

「デイジー」試写会感想

ブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18401255
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。